アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

年賀状は最近ではかなり少なくなってきました。
しかし、仕事をする上で、お客様などとの人とのつながりを大事にするため、年賀状は必要であると考えています。
年賀状は、大抵印刷済みのものへ一言コメントをつけて出すのが一番早くて一般的なのですが、貰ったが方は面白みがありません。
そこで、印刷済みのものは使用せずに、パソコンのイラストレーターを使用して自分なりの年賀状印刷をするのもおもしろいでしょう。
イラストは、漫画本や雑誌などから抜出し、それをイラストレーターへコピーしてその上をなぞるというやり方で、漫画と同じものが簡単に作成できます。
また、自分なりのアレンジを加えることも可能で、反転機能や拡大縮小機能を多用することで、漫画のキャラクターのいろいろな動きを演出することも可能になります。
私が、小学校や中学校へ通っていた頃は、年賀状といったら、プリントごっこを使ってみんな作成したものです。
また、学校に行くとその話をして盛り上がっていたことも覚えています。
最近では、子供通しの年賀状のやり取りもかなり少なくなってきたようで、そういった会話を聞くこともなくなってしまったのは、少しさみしいように感じます。
学校でイラストを描く機会も少なくなっており、イラストを描ける子供が減っているのも、漫画に対する興味の低下につながっているように思えます。
ゲームの話も悪くはないのですが、昔のように、ほかの楽しい遊びや、こういった自分の手で書いて、自分の考えでデザインした作品をほめ合うのも、今の時代には必要なのではないでしょうか。
また、年賀状のあて名書きも、昔は、一枚一枚手書きでしたが、現在は、あて名自体もパソコンで印刷してしまいます。
ですから、年賀状のありがたみや楽しさが半減しているのではないでしょうか。
すべてが、パソコン一つで解決できる時代になってしまったことで、言葉をうまく使えず、自分の気持ちをうまく伝えることが出来ない子供が増えています。
年賀状のやり取りを昔のように友達同士ですることで友達との絆はもっと深いものとなるでしょう。

オススメリンク

費用はどれくらいかかるのか

漫画関係の勉強ができる専門学校は、どのくらいの学費がかかるのでしょうか。様々な場所がありますが、一般的に年間1 […]Read more

子供にも大人にも人気の職業

子供達の将来の夢トップテンにマンガ家がランクインする時代です。一クラスの中に一人は必ず漫画に関係する夢を追う若 […]Read more

関連リンク

BACK TO TOP